害獣、害虫の駆除を行う方法|被害拡大はNONONO

Extermination

害獣の被害

Extermination

ハクビシンを寄せ付けない対策

現在郊外などで農作物を荒らしたり、ゴミを荒らす動物として増えている動物がハクビシンです。特にハクビシンは甘い果物が好物のため、人間が作り上げた農作物をことごとく食べつくしてしまうため、対策が必要になっているのです。ここではハクビシンの対策として、有効な手段を紹介していきます。 ハクビシンは夜行性のため、昼間見かける事はほとんどないのですが、夜になると精力的に動き回る特徴をもっているのです。運動能力も高く人間ほどの高さまでは軽くジャンプする事が可能です。こういった特徴から捕獲する事は難しくなっているのです。対策としては甘いものが好物のため、ゴミ捨ての時に甘いものはしっかり梱包して捨てる事などが必要になってくるのです。

外に追い出したら隙間をふさぐのが重要

また農作物を作っている人は、残った農作物を畑にそのまま放置しない事が大切です。ハクビシンは警戒感の強い動物でもあるため、夜においても隠れる場所のないのを嫌がるのです。そういった特徴から庭のまわりに隠れる場所を取り払うというのも、良い対策のひとつです。また夜中に時々、懐中電灯を照らしたりして警戒するのも効果的です。 絶対に住宅の中へ侵入させたくない場合には、隙間を全てふさぐ事が重要です。特に床下の通気口から侵入するケースが多いため、通気口には網入りのものを使用する事が肝心です。ハクビシンが嫌がる臭いを散布するのもよい対策になるのです。特に石油系の臭いを嫌う性質があるため、そういったものを散布して住宅の外に追い出すことが肝心です。